ハイウェイテクノフェア2018 出展レポート

株式会社レックスは11/28(水)・11/29(木)に東京ビッグサイトにて開催された「ハイウェイテクノフェア2018」に出展いたしました。

当日は約600名の方にレックスブースへ足を運んでいただきました!

「あぁ、レックスさん」と親しみをもって来ていただいたり、初めましてのお客様も「計測器ってレンタルできるんだ」とお気軽にお立ち寄りいただき、
スタッフの説明を熱心に聞いていただりと、とても感慨深い展示会となりました。

弊社スタッフ一同御礼申し上げます。

最新計測技術・レックスのサービスを体感



会期中は、土木・製造・非破壊業界の3点を中心に約20種類の計測器
展示させていただき、レックスの保有機材の多さに
皆様にご興味をもっていただけました!

そこで、今回の展示機器で人気のあった3機種をご紹介させていただきます!



人気機材の事例集ダウンロード

下記人気機材3点をレンタルされたお客様のご感想をご紹介した
レンタル事例集をダウンロードできます!

この機会を是非お見逃しなく!

実際の事例


レックスブースご来場の方限定
下記人気機材3点をレンタルされたお客様のご感想をご紹介したレンタル事例集をダウンロードできます!
この機会を是非お見逃しなく!

ブースで人気だった計測器をご紹介!

 デモブースで好評 

ストラクチャスキャン SIR-EZ XT(GSSI社)

コンクリートの内部を見える化!
専任のインストラクターが導入事例を挙げながら計測を体験いただきました。

高深度・高精細・多機能マルチな用途で「あらゆる現場」にてご利用可能!コンクリート内部の鉄筋、空洞、クラック、ひびの探査などに最適です。



   展示会の様子

展示会当日はデモンストレーションさせていただき、お客様にも触っていただき操作の容易さや鉄筋位置を確認いただいたりSIR EZ-XTの説明を熱心に聞いてくだっている印象でした!

 品質管理の新技術 

携帯型溶接検査システム Wiki-Scan(SERVO-ROBOT Inc)

NETIS登録番号:CB-130003-VE
総合的な即時レポートと無線通信により、効率的なデータ管理と品質管理を可能に


溶接プロセスの信頼性を確保し、溶接前開先処理および溶接ビードを正確に検査する溶接品質管理システムです。



   展示会の様子

溶接の品質管理はまだまだアナログで進められているため、Wiki-Scanを初めて見るという方がほとんどで、「便利そう」、「技術提案しやすい」など、多くの高評価をいただきました!

 根入れ深さ測定の新定番 

根入れ深さ測定装置 NST-2/LT(ジオファイブ)

ガードレール支柱や道路標識柱の根入れ深度を迅速に測定!
被測定物の塗装やメッキを剥すことなく測ることができる、高精度な非破壊検査測定機器です。


(鋼製防護柵および地山補強鉄筋)防護柵支柱の他、ロックボルト、アンカーボルトや矢板の測定も可能です。



   展示会の様子

実際にNST-2/LTを使用されている方もいらっしゃったり、
人気の機材であることが当展示会でも確認できました。
操作が簡単であることなどデモンストレーションで計測画面を見ていただき、人気機材であることを実感いただきました。

レックスブースご来場の方限定
人気機材の事例集ダウンロード

展示会にて人気のあった機材を実際にレンタルされた
お客様の感想を元に事例集を作成しました!

こちらは高速道路・管理シーンに使える最新の事例集で、
ハイウェイテクノフェア2018にご来場された方限定の配信となりますので、
是非チェックしてみてください!!

今後もレックスでは皆様のお役に立てる計測器や情報を発信するため展示会に出展いたします!

もっと便利に・簡単に、計測機器サービスの向上を目指して、計測機器を使う人に、レックスにしかないサービスを提供し続け、革新を続ける企業でありたいと思っております。

これからもお客様の抱える問題や議題を解決するさまざまなサービスをご提供いたしますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



人気機材の事例集ダウンロード

展示会にて人気のあった機材を実際にレンタルされた
お客様の感想を元に事例集を作成しました!

こちらは高速道路建設・管理シーンに使える最新の事例集ですので
是非チェックしてみてください!!